« 12/3(土)の予想 | トップページ | 12/3(土)の結果 »

2005/12/02

1リットルの涙・第8話を見て(2)…

"1リットルの涙・第8話を見て…"では、素直に今回の話も感動したとの想いからドラマを見る前に考えていたことはほとんど触れませんでした。

この前も書いた「病気になったのは、不幸じゃないです。不便なだけ」という言葉… 確かにその通りだとは思います。ただ、家族・まわりを考えるとそれだけではないこともあるのかな?と感じることがあります。

例えば今回の話の中で父親がもう一つ仕事を始めるということがあったと思います。
仮に父親が無理をして倒れてしまったら…とか考えると頭の中がグルグルまわりはじめます。「不幸」とは違うと思うけど「不便なだけ」の一言では片付けられないような…

何故そんなことを考えてしまうかというと…自分の親戚にも障害をもった子がいます。
自分が直接世話をする事は今はほとんどないのですが、やはり両親は(本人たちはそう思っていないのかもしれませんが)いろいろ大変だと思います。
なので、このようなドラマを見るといろいろ考えちゃったりします。

ただ、あの言葉の真意は「前向きに生きる」という事だとは思うのですが…

う~ん…うまく書きたいことが書けません(^_^;)

でも、ドラマ自体はすごく良いドラマだと思います。次回もしっかり見たいと思います。

安く、楽しく、賢く、ショッピングをしよう《nori-shop》

|

« 12/3(土)の予想 | トップページ | 12/3(土)の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70325/7435129

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙・第8話を見て(2)…:

» フジテレビ「1リットルの涙」第8話:1リットルの涙 [伊達でございます!]
今日のタイトルは「1リットルの涙」と、ドラマのタイトルそのまま。最終回に至る前の、ひとつのクライマックスとなる展開を予感させますが、まさに通りの内容でした。 [続きを読む]

受信: 2005/12/06 13:21

« 12/3(土)の予想 | トップページ | 12/3(土)の結果 »